f:id:after-nol:20191116201614p:plain
  • audibleでオーディオブックを返品したら「返品不可」になった…
  • 「返品不可」をリセットしたいけど、方法が分からない…
  • ボイスブックを返品したいけどやり方が分からない…

この記事は、上記のような悩みを持つ方向けに、audible(オーディブル)で「返品不可」になったケースの対処方法を説明します。

結論から言うと、カスタマーサービスに問い合わせましたが、audible(オーディブル)で「返品不可」のステータスをただちに修正することはできないようです。

しかし「返品不可」でも、タイトルと返品理由をカスタマーサービスに伝えることで、返品することが可能です。

私はaudible(オーディブル)のヘビーユーザーで、訳あって返品不可となり、返品をした経験があります。 

この記事は、その経験を元にスクリーンショットをつかって分かり易く説明しているので、どなたでも返品不可をリセットすることができます。

私が実際にカスタマーサービスにメールで問い合わせた文面や、返ってきたメール文面も公開しています。

それでは、以下で詳しく説明していますのでご参照ください。

なぜ「返品不可」になるのか?

f:id:after-nol:20191115144835p:plain

そもそもなぜ「返品不可」になる、という現象が起きてしまうのでしょうか。

まずはその原因を理解しておきましょう。

【audibleサイトから抜粋】

当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。


本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。 

短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。 会員の皆様には本特典の目的の主旨から外れて利用されているおそれがある場合は、Audibleからお問い合わせをさせていただく場合や、一定期間本特典のご利用の制限をさせていただく場合がございます。

なお、Audibleでは、「サンプルを聴く」の機能がありますので、ご購入の判断にお役立てください。 

会員の皆様には本特典の目的をご理解いただいたうえでご利用くださいますようお願い申しあげます。 赤字部分にご注目ください。  

「短期間における過度の返品など本特典の主旨からはずれた利用はご遠慮ください」   とあります。  

これに該当した時、「返品不可」になってしまいます。   それもそのはず、コイン制でオーディオブックが交換し放題だと、単品購入が減ってしまいますし、通常の書籍の販売も減少する恐れがあります。  

Audible(オーディブル)の全容については、以下で説明していますので、あまり詳しくない方はご覧ください。  

Audible(オーディブル)の「返品不可」ってどういう状態?

文字通り、購入済のボイスブックが返品できなくなる状態です。

以下のように、購入履歴の画面で「返品不可」が表示されます。

f:id:after-nol:20191116171544p:plain

因みに私がこんな状態になってしまった理由は、以下の記事を見て頂けると分かるかと思います。

Audible(オーディブル)で絶対に返品ができないケース

  リセットする方法の前に、どう頑張っても返品ができないケースもありますので、該当しないかチェックしておきましょう。   絶対に返品できないケースは以下の3つです。  

  • audible会員ではない(月額費用を払っていない)
  • audible会員を休会・退会している
  • 返品したいブックの購入から365日が過ぎている

  返品はaudible会員の特典ですので、会員ではない場合は返品はできません。   また他の2つも同様に、返品できないケースとして明確に規定されていますので、カスタマーサービスに問い合わせても返品はできません。  

Audible(オーディブル)で返品不可のリセットに挑戦

  「返品不可」になってしまったら、どのようにリセットすれば良いのでしょうか?   Audibleサイトによると、返品不可になった場合は「カスタマーサービスから問い合わせてください」とのこと。  

私も実際に「返品不可」の状態で、カスタマーサービスに問い合わせてみました。   スクリーンショット付きで、具体的な手順を解説します。  

【手順①】  

audibleのトップページの右上にある「お問い合わせ」をクリック。

f:id:after-nol:20191116192753p:plain

  【手順②】  

ページの真ん中にある「Eメール」から問い合わせる為、記載のURLをクリックします。  

f:id:after-nol:20191116192937p:plain

  以下のような文面で、メールを送ってみました。  

(以下、メール文面)

ーーーーーーーーーー

ご担当者様  

【Amazonアカウント:XXX(※登録しているメールアドレス)】  

平素、誠にお世話になっております。

audibleを日頃利用させて頂いているのですが、 コインで交換させて頂いたボイスブックが「返品不可」となってしまいました。  

こちら短期間でボイスブックを多数返品してしまったことが原因と推察しております。

御社のサイトを拝見し、返品制度の趣旨を理解しておらず、大変失礼致しました。  

もし宜しければ、ボイスブックを返品できるようにしたいと考えておりますが、 方法をご教示頂くことは可能でしょうか?

ご検討のほど、何卒宜しくお願い致します。

ーーーーーーーーーー

Amazon登録のメールアドレス記載が必須です。   これに対して、以下のような返信が返ってきました。     (

以下、メール文面)

ーーーーーーーーーー XX様

Audibleカスタマーサービスにお問い合わせいただきましてありがとうございます。

大変お手数ですが、このEメールに返品をご希望のタイトルと返品理由をご記載の上、返信いただきますようお願いいたします。

当会員特典はタイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。

ご返品のお手続きをご依頼いただく際は、お手数ですが以下①②をあわせてお知らせくださいますようお願い申しあげます。

なお、お客様にご満足いただけるタイトルをお選びいただくため、返品される理由を詳しくお伺いしてから返品をさせていただく場合がありますので予めご了承ください。


詳しくはヘルプセンター(https://audible-jp.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/9593/ )をご覧ください。

Eメールを確認次第、返品手続きを行わせていただきます。

① 返品を希望されるタイトル名

② ご返品理由(以下例)
   ● 音声に関する問題(音飛びなど)
   ● タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた
   ● ナレーターの声になじまなかった
   ● 間違って購入した
   ● 紙の本を購入したつもりだった
   ● その他(具体的にご説明ください)

その他、ご不明な点がございましたら、何なりとカスタマーサービスまでお問い合わせください。

Audibleカスタマーサービス
Email:customerservice@audible.co.jp
Tel:0120-899-217 【8時~22時・年中無休】

サービスをご利用いただきありがとうございます。
私(XXX=ご担当者の名前)が聴いているのは ”疲れない脳をつくる生活習慣―働く人のためのマインドフルネス講座” です
Audibleカスタマーサービス  

ーーーーーーーーーーーー  

このようにカスタマーサービスで聞いても教えてくれませんでした。  

またネットで調べても出てきませんでしたので、どうやら「返品不可」というステータスをすぐにリセットすることはできなさそうです。  

時間が経過すれば、問い合わせしなくても返品ができる元の状態に戻るのでしょうか…。経過観察したいと思います。  

ただメールにもある通り、代わりに個別のボイスブックの返品対応には応じてくれます。  

その際にはタイトルと理由を明記して下さい、とのこと。   またメール文面でもあるように、電話でも問い合わせできるようです。  

因みに、返信は5分くらいで返ってきました。早い。  

まとめ:「返品不可」になったら、返品したいタイトルと理由をカスタマーサービスに連絡する

f:id:after-nol:20191116174522p:plain

いかがでしたでしょうか。   解説した通り、「返品不可」のステータス自体をすぐにリセットすることはできませんが、個別タイトルを返品できます。  

ただそれ以前に、短期間での過度な返品を避けるようにしましょう。   節度ある返品姿勢を貫けば、返品不可になることはそうそう無いはずです。