こちらの記事では、Amazon Kindleおすすめの書籍「まんがで鍛える 脳の強化書―――私、成長したいんです」を紹介しています!

まんがで鍛える 脳の強化書―――私、成長したいんです」面白そうですよね。ただ読む前に他の人が読んだ感想を確認しておいた方が良いでしょう。

この記事では、「まんがで鍛える 脳の強化書―――私、成長したいんです」を実際に読んだレビューを載せています。ぜひご覧ください!

Amazon Kindleおすすめの書籍:まんがで鍛える 脳の強化書―――私、成長したいんです

「まんがで鍛える 脳の強化書」を読みました。

主人公は失敗だらけの自分に嫌気がさしていました。そんなとき脳の研究者の男性に出会い、自分の脳の能力を向上させるために研究に協力することになります。主人公と共に楽しみながら脳の世界に迫っていくお話です。

▼以下のリンクからAmazonのページに飛びます▼
まんがで鍛える 脳の強化書―――私、成長したいんです

Amazon Kindleおすすめ本:まんがで鍛える 脳の強化書―――私、成長したいんですレビュー①読んだきっかけ

仕事で失敗が続いており、自分に自信を失っていたときに書店でこの本が目に留まりました。私は脳の力を引き出せていないのでは?と思い衝動的にこの本を購入していました。

2016年の5月頃に横浜の書店でこの本を購入し、しばらくの間はこの本を読んだ内容を実践したりしていました。購入から4年が経過しましたが、今でも時々本棚からこの本を取り出して本を読んでいます。

他に迷った本は心配事は9割起こらないという本です。とにかく精神的に不安定な時期でしたので、なにかに縋りたかったのだと思います。

心配事は9割起こらないといわれても心配だらけの私の心には届かなく、自分の中に問題の解決方を求めた私は能力を向上させれば心配事はなくなるのではないかと思い、この脳の強化書という本を購入しました。

漫画でわかりやすく説明されているというのもポイントが高く、活字だけの本に比べて入りやすいと思ったのが決め手になりました。実際の医師..それも医学博士を持っている人が書いている本というのもポイントです。

私は肩書に弱いのでこの医学博士の先生が執筆する本なら私の能力を向上させて、仕事でうまくいくようになり不安が解消されるのではないかと思ったのです。

Amazon Kindleおすすめするまんがで鍛える 脳の強化書 私、成長したいんですのレビュー②お気に入りポイント・満足な点

漫画で説明されているというのが入りやすかったポイントです。登場人物も活気のある若い女性と、落ち着きのある男性の二人が主要登場人物でしたので登場人物にストレスを感じることなく読むことができました。

主人公の女性は脳の研究者の男性に恋をし、その男性に好意を持ってもらうために積極的に研究者の男性の脳の研究に協力します。

恋する女性を応援したくなるという気持ちが起きるとともに、その女性を通して脳の力の向上方法を楽しく学ぶことができました。

自分の今までやったことのない分野などに積極的に挑戦することで脳が刺激され、活性化されていくのだと学ぶことができとても参考になりました。

また、忘れた頃に取り出して改めて読んでみると新たな発見が見つかるなどの時間を経ても面白さを感じさせる一冊です。対人コミュニケーション能力を向上させる訓練方法なども書いてあり、職場の人間関係で悩んでいた私にとって役に立つ情報が書いてありました。

残念ながらその時勤めていた職場は現在は退職していますが、この本で学んだ情報や知識が役に立った場面がありましたので意味はあったと思います。脳の力を向上させてこれからの人生をより良いものにしていきたいと思っています。

▼以下のリンクからAmazon Kindleのページに飛びます▼
まんがで鍛える 脳の強化書―――私、成長したいんです

Amazon Kindleまんがで鍛える 脳の強化書 私、成長したいんですのレビュー③で不満だった点

大勢の読者にわかりやすく書いているために、広く浅く書いていると思った箇所があります。脳のことについてもっと深く知りたいと思う場合はこの本では物足りなさを感じるのが難点です。

しかし、大衆にわかりやすく説明するための漫画としてはきちんと要点を抑えていてわかりやすいので、そこまで問題だと思うところではありません。

本の値段も1200円となかなかの値段だったので、この情報量の本ならもう少し値段を下げて800円くらいが妥当な額だと思います。

また、作中では脳の研究者の男性はかなりの変わり者に描かれていたので、理系で研究者の男性は変わり者だという印象を読者の人に与えてしまうのではないかとも思いました。

キャラクターの性格を出すためにしょうがないことだとは思いますが、二人の出会いをもう少し自然な形で出会わせることはできなかったのかと思います。

そして研究者の男性の朴念仁ぶりにやきもきしました。主人公の女性の好意に気付かず、無意識な言動で女性の心を傷つけているのがいただけません。

また主人公の女性が研究者の男性に告白をせずに終わってしまったのも、この二人の恋物語はこの後どうなるのだ?と脳の研究とは関係ありませんが気になりました。

まとめ

購入したきっかけ・理由や実際に使用した感想についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ぜひこちらの感想も踏まえて読んで見ることを検討して見て下さい!

▼以下のリンクからAmazon Kindleのページに飛びます▼
まんがで鍛える 脳の強化書―――私、成長したいんです