こちらの記事では、Amazon Kindleおすすめの書籍「君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」を紹介しています!

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」面白そうですよね。ただ読む前に他の人が読んだ感想を確認しておいた方が良いでしょう。

この記事では、「君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」を実際に読んだレビューを載せています。ぜひご覧ください!

Amazon Kindleおすすめの書籍:君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない」ビジネスで成功した方が良く書くような自らを犠牲にして仕事に挑むといったような誤った精神論はありません。

いかに効率的に仕事をこなし充実した人生を送るかといったことにとどまらず、人生のその時々に必ずあるような問題のとらえ方、選択肢の選び方を分かりやすく簡潔に章ごとにまとめています。

悩み多きサラリーマンが手に取ったその日に一気に読むことが出来、またその悩みにぶつかったときにその都度、すぐに読み返すことが出来るようまとめ上げられている本です。

▼以下のリンクからAmazon Kindleのページに飛びます▼
君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

Amazon Kindle君にはもうそんなことをしている時間は残されていないのレビュー①読んだきっかけ

長年勤めていた会社が倒産し、長きにわたる転職活動を経てやっと就職した会社では、若い世代のエリートばかりでなかな打ち解けることが難しく、仕事に対する考え方にも疑問を持っていた時に書店で目に入ったタイトルに衝撃を受け、確かに私に残されている時間は他の若い社員達とはかなり違うことに気付いたので購入しました。

昨年、大阪のグランフロントの紀伊國屋書店で買いました。購入にあたって他に迷った本は僕らが毎日やっている最強の読み方です。

迷った理由は、仕事に対する姿勢について日頃、ニュースに目を通しているべきだとYahooニュースばかりを見ている同僚に疑問を持ち、やはり新聞や書籍で知識を深めるべきではないかと思い、仕事に役立つこと書籍に巡り合えればと購入を検討していたのですが、両方の書籍に少し目を通した際、今の私にとって仕事をする上でも役に立つのは君にはもうそんなことをしている時間は残されていないという書籍の方だと実感し購入に至りました。

双方ともに良い書籍だと思いましたが、会社内で日々繰り返される対応に納得ができないまま、従わないといけないものだと思っていた私にとって、大切なことを教えてくれていたのです。

Amazon Kindleでおすすめする君にはもうそんなことをしている時間は残されていないののレビュー②お気に入りポイント・満足な点

いわゆる成功者風の、これで私は成功しましたといった実績の説明や説教臭いところがなく、理論的に自信の経験を交えて、この項目で言いたいことは何か、何が重要なのかを端的に述べているところです。

何かあるごとに振り返り読む際にも、付箋を貼っていなくても探しやすいところが気に入っています。おすすめできるポイントとしては、タイトルは私のような中年層以降が読むべきと思ってしまいますが、新入社員の方やこれから社会に出る人にも分かっていれば、これからの人生を自分も他人も大切にして自分にとってよりよい道を選択できるところです。

ビジネス本ですが、どの層にも受け入れられやすい書籍であることが面白いと思います。

具体的な例としては、仕事をしなければ生きていくことができないが、その一番大事な生きていくということについて、何が一番大切なのか、その大切なもののために仕事をするのではないかというシンプルなことに気付かせてくれたので、ただ自分自身を痛めつけるだけの職場環境はおかしいとはっきり上司に言うことが出来、職場に執着することが無くなり出した頃、職場環境が変わり、上司からのパワハラがなくなったので、私にとってこの書籍の影響が大きかったことに気付き、読んだことを後々になって良かったと心から満足するようになりました。

▼以下のリンクからAmazonのページに飛びます▼
君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

Amazon Kindleの君にはもうそんなことをしている時間は残されていないのレビュー③不満だった点

とても内容的には満足しているのですが、欲を言えば、もっと実例や内容を増やしてほしいと思います。

何故なら、もっとこの著者の話を聞きたいと他にも書かれた書籍を読ませていただいたのですが、この書籍の項目を増やして何冠も続いても良いので、彼の考え方、行動力を教えていただきたいと願ってしまいます。

端的に考え方や、悩んだときに選ぶべき選択肢を誤らないポイントについてまとめられていることは、とても高く評価しているのですが、1度読んだだけで捨てるようなビジネス本とは違い、いつも手の届くところに置いていて読み返したい内容の書籍なので、装丁を頑丈にしていただきたいと思っています。

私の家族も読み返し読んでいるので装丁が破れたり、日焼けしているような茶褐色になったので、また新たに購入しなければいけなくなったのです。

親戚の子や知り合いの子にもプレゼントしたのですが、装丁がシンプルすぎるので、雑に読まれているという点においても、装丁を頑丈なタイプにして、内容量をさらに増やしていただければと思います。

また、タイトルがビジネス本というよりも、思想関係の書籍だと思う人もいるようです(実際に他の本屋さんで思想・宗教コーナーにありました)。

カバーをビジネス本っぽく変えていただくと贈呈しやすいので助かります。

まとめ

購入したきっかけ・理由や実際に使用した感想についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ぜひこちらの感想も踏まえて読んで見ることを検討して見て下さい!

▼以下のリンクからAmazon Kindleのページに飛びます▼
君にはもうそんなことをしている時間は残されていない