こちらの記事では、おすすめの書籍「メモの魔力」を紹介しています!

メモの魔力 」面白そうですよね。ただ読む前に他の人が読んだ感想を確認しておいた方が良いでしょう。

この記事では、「 メモの魔力 」を実際に読んだレビューを載せています。ぜひご覧ください!

Amazon Kindleおすすめの書籍: メモの魔力

メモで目にする情報全てをアイデアに変えて実行に移すために必要なスキルや考え方を記載されています。社会人として人として大切なことを学ぶことが出来ます。

また、メモを用いて本当の自分を見つめなすことも書かれています。就活生などが見ること就活にとても応用できることが記載されています。

自分の強みや弱みなど見つけだすことができます。さらには、メモの力で夢を叶えることができます。気づいたことや些細なこと何でもいいのでメモにすると自分が気づかなかった部分がとてもクリアになります。

メモに書き出すことで見える化になります。こんなメモを使うことで自分は何でもできると思える本です。新たな挑戦や可能性を発見することが出来ます。

メモに癖をつけると、今まで自分が関心がなかったことにも興味を持つことが出来ます。かつては気にならないかったことも気になるようになり自分の世界を広げることが出来ます。

世界を知るとアイデアが生まれ、自分を知ると人生の道筋を見つけることが出来ます。どんなことでもメモに書くことで夢を持ち、希望が生まれ新たな挑戦をすることができます。新たな価値を得る方法は簡単です。

メモを書くことというシンプルなメッセージが残されています。この本を読むと自分もメモの魔力を身に着けたいと思うようになります。

▼以下のリンクからAmazon Kindleのページに飛びます▼
メモの魔力

Amazon Kindleおすすめ メモの魔力 のレビュー①読んだきっかけ

前田さんがTwitterなどでかなり有名になったこともあり、興味を持ちました。

Twitterなどで購入者が感想を書いていると目からウロコみたいな反応が多くとても興味をもち「メモの魔力」を読もうと思いました。

昨年2019年10月ごろに購入を決めました。本屋でも販売をされていましたが、ネットで購入しました。とても評判のいい本でしたので興味が湧きました。

また、ホリエモンさんも絶賛していることもあり、信用していました。なので、メモの魔力を購入するときはホリエモンさんの本とどちらを購入するか迷いました。

しかし、ホリエモンさんの本はどれを読んだりいいのかわからないこともあり、結局前田さんのメモの魔力にしました。

さらに、普段生活や仕事でも使えるエピソードなどたくさんあることも購入の要因になりました。また、社会人でメモを取れなど口酸っぱく言われていることもあり、メモに対してすごく興味がありました。

メモを書く意味や効果など自分もとても知りたいと考えるようになりました。

メモは大切とはわかっているけれども何が大切でそのメモをどのように活かしていけばいいのかわからないこともありました。

なので、この本で解決することが出来るのでないかと考えて購入しました。

Amazon Kindleおすすめする メモの魔力 のレビュー②お気に入りポイント・満足な点

お気に入りはメモを取る癖をつけることで視野が広くなるということです。

自分が興味ないことにも関心を持つことが出来ました。通勤時などメモのためにあらゆるものや人観察するようになりました。今まで考えなかったことも浮かんできました。

なぜ、こういった広告をするのだろうかやもっと見やすくデザインすればいいのになど今まで感じなかったことが見えるようになり視野が広くなりました。

それが自分の仕事にもいき、新たなビジネスや大きなイベントを開催することができました。今までなかった視点を持つことで新たな仕事をすることができました。

今までの仕事とメモを使って見えたことを掛け合わせて新たなビジネスを完成させることが出来ました。価値観が変わると人生が変わると感じた瞬間でした。

偏見や勘違いなど多くしていることがあり、もっと早くこのメモの魔力の本に出合いたかったと感じました。自分で気づくことが多くあり本当に参考になりました。

書くことが大切ということも改めて感じることが出来ました。インターネット社会になり文字や自分の考えを書く頻度が少なくなった今、改めて書くことのこだわりたいと思います。文字を書く、メモを残すということを大切にしてきたいです。

▼以下のリンクからAmazonのページに飛びます▼
メモの魔力

Amazon Kindleメモの魔力 のレビュー③不満だった点

メモの魔力を呼んでメモの大切さは十分に理解することが出来ました。しかしながら、前田さんほどのクオリティを保つことがかなり厳しいと感じました。

三日坊主などなってしまい、続けることが難しくなります。メモを書くことが目的になってしまい本体の目的とは違う方法に進んでしまいます。

その理由は、自分で書いて自分で見ているので自己満足になっています。他人などに見せる、共有するなどがあれば上手くサイクルが回る気がしました。

また、言葉を巧に操っている感じがものすごくありました。特に横文字など多く出てきましたので、読む人にとっては理解度がことなると疑問になりました。

また、起業したという肩書があるから結局結果論かなと感じること多々ありました。少し残念に感じることもありました。

そして、何よりも同じことを繰り返していることが多くありました。言葉を巧みに使っているので表現は異なりますが言いたいことを分解すると結局同じことを何度も言っているなと感じました。

また、メモを書いてどうなったなど結果が多く記載されていましたが、私たちはその過程や書き方を詳細に知りたいと思いました。

自分のメモを写真で乗せていましたがその解説も少なく理解することが難しかったです。メモを書いたメリットなど長々と書いているので、そのエピソードには感動しますが、いざメモを書こうとしたときに迷いが生じました。

何を書いたらいいのか、ノートはどのように使うのかなど不安点がいっぱいありました。

まとめ

購入したきっかけ・理由や実際に使用した感想についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ぜひこちらの感想も踏まえて読んで見ることを検討して見て下さい!

▼以下のリンクからAmazon Kindleのページに飛びます▼
メモの魔力