こちらの記事では、Amazonで買えるkindle書籍「レプリカたちの夜」を紹介紹介しています!

本書は一條次郎氏による著作で、新潮ミステリー大賞を受賞した人気作です。ミステリーではないのではないか?という疑問もあり、賛否両論の話題作でもあります。

軽妙な文体で書かれているため、好き嫌いが分かれる作品かもしれませんが、その分読むのには時間がかからないので、お試ししてみてはいかがでしょうか。

以下、読んだレビューを書いています。ぜひご覧ください!

Amazonで買えるおすすめのkindle書籍:レプリカたちの夜

単行本や、電子書籍版もあります。作者の一條次郎さんはこの作品で2015年の新潮ミステリー大賞を受賞しデビュー、その後「残念なスパイ」という小説を発表しています。

「レプリカ~」は、レプリカ動物工場に勤める主人公が、ある日工場内で絶滅したはずのしろくま(ホッキョクグマ)が歩いているのを発見するところから始まります。

自分の見たものを信じられず同僚に相談するも一笑に付され、しかし上司からはそのシロクマについての調査を命じられます。調査を進めるうちに次々と奇怪な事件が起こり、自らの存在についても疑いだす主人公。

そこで起きる事件と結末が、受賞した「ミステリー大賞」のファンや読者からは「ミステリーではないのではないか?」と取りざたされ話題になりました。

また、語り口が軽妙なので、少々おふざけが過ぎるような印象を与えてしまいがちかもしれませんが、途中であきらめずに最後まで読み通すことを強くお勧めします。

まだ発表作品数が少ない作家さんなので、作風・傾向が分からないのですが、これからも独自の路線を突き進んであり来たりではない作品を提供してくれるのではないかという期待が持てる方ではないかと思っています。

▼Amazon Kindle商品のページはこちら▼
レプリカたちの夜

Amazon Kindleのおすすめレプリカたちの夜 を読んだきっかけ

先月、本屋の店頭で何気なく手に取り、購入しました。JRでの移動中に読み終えられる手ごろな長さの、手ごろな内容(楽しめるもの)を探していたところ、この本を見つけました。

題名には聞き覚えがありました。おそらく受賞の折に報道などを見たのでしょう。普段からなんでも読みますが、特にミステリーファン・SFファンというわけでもなく、どちらかといえば「賞を取ったものは読まない」派なので、すぐ手にはとりませんでした。

ただ今回は、文庫の厚みから流さが適していそうなことと、表紙絵の青色が妙に心に残ったこと、「レプリカたちの夜」という言葉に心ひかれたことから選びました。

といって、断然この一冊とすぐに即決したのではなく、本屋をぐるっと一周してまた戻って購入、となりました。ほかに迷った書籍があるというより、他に購入の決め手となる書籍がなかったのです。

消去法で印象に残った本を買ったというところかもしれません。それと、立ち読みで中を少し読んでみた際に、ずいぶん荒唐無稽な内容っぽいと思ったので、列車の中の娯楽にはちょうどよいだろうとの判断でした。

あまり難解なものや、読んでいて酷く身につまされたりするようなものは、読みたくなかったのです。

▼Amazon Kindle商品のページはこちら▼
レプリカたちの夜

Amazon Kindleのおすすめレプリカたちの夜 のお気に入りポイント・満足な点

読み進めていくうちに、主人公の経験する出来事や周りの登場人物の振る舞いがあまりに荒唐無稽で、少々辛くなっていきます。

しかしそれが、終盤に向かって見事に収束していくところが快感でした。また、そこで描かれている事象が、普段自分が感じていることとマッチしていたので、実にヒリヒリとして「よくぞ書いてくれました」という気持ちになったのかもしれません。

WEBで他の感想やレビューを読むと、あまり好印象ではなかったというレビューが目につくのですが、するとこの小説は好き嫌いの差がはっきりと出るタイプの小説なのでしょう。

このヒリヒリ感や終末観が共感できない種類の人には、あまりお勧めできない小説かもしれません。

自分は読みながら、頭のなかのスクリーンにこの小説世界の映像や音声が次々と反映されるような状況だったので、読み終わった瞬間には小説を読み終わった手ごたえと、良い映画を見て映画館から出てきた時の満足感のようなものが得られ、とても幸福になりました。

近未来の小説、例えばフィリップ・K・ディックの小説が好きな人には好まれるのか、あるいは?という感じがします。これを映像化したらどうなるか、この小説にインスパイアされた音楽はどうなるかという広がりをもっているところも面白い点だと思います。

Amazon Kindleのおすすめレプリカたちの夜で不満だった点

小説なので、気に入らない・改善してほしいというところはありません。自分が読んで辛かった点は、下劣な言動をする登場人物のシーンですが、だからといってそれで読みにくいからこういう人物はださないてくれという要望を作者に要求することはできないでしょう。

嫌なら読むな、ここをなくせばこの小説でない、ということになってしまいます。それでも敢えてなにか書かなければならないとしたら、会話では仕方なくともせめて地の文章では「シロクマ」ではなく「北極熊」と記載してほしかったなあという点でしょうか。

ただこれにしても、作者は「シロクマ」が通称であり実際は「北極熊」ということはご存じで、敢えて「シロクマ」と書いているわけですから変更を望むべくもないわけです。

小説の内容ではなく書籍の形態についての不満でしたら、活字を小さくしてもらって構わないから頁数を減らしてほしいという願望はあります。しかしこれも、書籍全般にいえることであって、当小説に限って言えば持ち運びに困らない程度の厚さの文庫だったので、できれば薄いほうが嬉しいという希望でしかありません。

小説を読んで気に入らないから改善しろというとすれば、記述に間違いがあるとか差別用語が入っているとかだと思いますが、当書籍にはそういう事象はみあたりませんでした。

▼Amazon Kindle商品のページはこちら▼
レプリカたちの夜

まとめ

購入したきっかけ・理由や実際に使用した感想についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

見てきた通り、特徴は以下の通りです。

  • 新潮ミステリー賞を受賞した作品!
  • ただしミステリーとしては文体やストーリーが軽妙!

▼Amazon Kindle商品のページはこちら▼
レプリカたちの夜