こちらの記事では、Amazon Kindleおすすめの書籍「石の繭 警視庁殺人分析班」を紹介しています!

石の繭 警視庁殺人分析班」面白そうですよね。ただ読む前に他の人が読んだ感想を確認しておいた方が良いでしょう。

この記事では、「石の繭 警視庁殺人分析班」を実際に読んだレビューを載せています。ぜひご覧ください!

Amazon Kindleおすすめの書籍:石の繭 警視庁殺人分析班

石の繭 警視庁殺人分析班」 麻見和史による小説。

モルタルで石像の如く固められた変死体が発見され、翌日特捜本部に犯人から挑戦的な電話が入る。 なぜか交渉相手に新人刑事の如月塔子が選ばれる。

現場には犯人の遺留品と思われるものが残されていて、これらを推理しながら解決していく物語になっています。 麻見和史は、日本の小説家で推理作家で2006年に小説家デビューを果たしています。

警視庁殺人分析版シリーズが2015年からwowowにて殺人分析版シリーズとしてテレビドラマ化され有名になっています。他にもドラマ化されている作品は多くあります。

殺人分析班は、石の繭という名前になってWowowでテレビドラマ化されました。殺人分析班は、父親の後を継いで刑事になった女性が主人公の話であり、狂気的な殺人事件を解決していくストーリーです。

立教大学文学部を卒業しています。 公式サイトもやっていて「麻見和史のミステリー日記」というサイトをやっています。作者として見ていける人だと思います。

▼以下のリンクからAmazon Kindleのページに飛びます▼
石の繭 警視庁殺人分析班

Amazon Kindleおすすめの石の繭 警視庁殺人分析班レビュー①読んだきっかけ

この小説はwowowでテレビドラマ化もされていましたしなかなか面白い小説だと私は思っています。色々と小説は読んできましたが他の小説とも違っていて、良いと思いました。

どういうものか知らない人は試しに読んでみると良いでしょう。また他人が書いたレビューを見て良い小説かどうか判断しておくといいです。

何というか悪くない小説だと最初に見たとき思いましたが、感情移入しやすい犯人だったのがまず驚きました。最も犯罪者に対して感情移入はしない方が良いので、私だけだったかもしれませんが。

特殊な小説だったのではないかと思います。「石の繭」この小説はwowowでテレビドラマ化もされていましたしなかなか面白い小説だと私は思っています。

色々と小説は読んできましたが他の小説とも違っていて、良いと思いました。どういうものか知らない人は試しに読んでみると良いでしょう。

また他人が書いたレビューを見て良い小説かどうか判断しておくといいです。何というか悪くない小説だと最初に見たとき思いましたが、感情移入しやすい犯人だったのがまず驚きました。最も犯罪者に対して感情移入はしない方が良いので、私だけだったかもしれませんが。

特殊な小説だったのではないかと思います。 最初に読みだしたあたりから面白いと思っていましたが読み進めていくうちにかなり良い小説だと思いました。

犯人の動機として、警察に対して無能者の集まりと決めつけてある意味逆恨みに近い感情もありましたが、見ていて楽しめるものがありました。

これらの本を購入しようと思っていて他に別のものを買おうかと迷っていた商品はありませんでしたし、このシリーズは10作品ぐらい今のところ出ているのですがこのシリーズを買っていこうと言う感情はありました。

この小説をなぜ読もうかと思ったかと言うと、私は刑事ものの推理小説が好きなので読もうと思いましたし、この小説は如月という新人刑事にスポットを当てている小説だったため、面白そうだと思い買いました。

2011年に出た小説なのですが2011年当時に買いました。 後にテレビドラマ化されるわけですが、小説よりテレビドラマの方が私はよくできていたと感じましたし、だからといって小説が悪いわけでもなく小説には小説の良さがあり、良いと感じました。

小説の劇中での台詞が共感できる部分が多く、俺も同じことをこのとき、思うだろうなという部分があって良かったです。

私はこの小説を買ったのは、2014年だったと思いますがなかなか面白そうなものだと思い購入しました。 新人刑事の話は色々と共感できるところが多いと感じたので買ってみることにしました。

その直後にテレビドラマ化されて、私はたまたまwowowを同時契約していて見ていたらこの番組がやっていたのですが面白くてはまってしまいました。なかなか脇役も良い役者を使っていると思いました。

Amazon Kindleおすすめする石の繭 警視庁殺人分析班のレビュー②お気に入りポイント・満足な点

石の繭という名前も不可思議な感じが良かったですし、最後まで読み進めていって思った感情はとても面白い小説だと思いました。

当初は「殺人分析班」という名前でしたが「石の繭」に改題したため、世界観がさらに面白く増していったと思います。 WOWOWでドラマ化もされDVDも出ていたためDVDの方も見ました。

主演の女性が小説の人物に会っていました。 おすすめできる点としては、衝撃的な展開から始まるのでなぜ犯人がこのような事件を起こしたのか犯人の動機が1番気になるところだと思いましたし、犯人の素顔も気になるところだと思っていました。

なぜこのような犯行をしてしまったのかと言うことを見ていける小説だったと思いました。 やはり色々と辛い人生があって道を踏み外してしまったのだと思いましたが、そのあたりのところも辛いことはありましたが読み進めていける小説でした。

読んだ書籍の満足している点としては、主人公の新人女性刑事が成長していく物語になっているわけですが、全体的に共感できるところが多い小説でまた感情描写なども多い小説なのでこの時は確かに私でもこういう考えをするなと共感できる部分などがあり、そういったところが良かったです。

また父親はこの女性が刑事になる前に亡くなってしまっているのですが、亡くなった父親の意思を継ぎたいと考えているところも良かったです。

ドラマでは仲村トオルさんがやっています。 この小説のシリーズを見ていくと、シリーズを通してこの刑事の成長ぶりが伺えます。

またむごい犯行を繰り返す犯人が一体何ものなのかということも読んでいる最中から気になってくる小説です。

私は気に入った小説はシリーズで買っていくのですがこの小説は気に入っているので今後も新作が出たらとりあえず買っていこうと思っています。おすすめできる点は新人刑事という存在がおすすめ出来ます。

▼以下のリンクからAmazonのページに飛びます▼
石の繭 警視庁殺人分析班

Amazon Kindle石の繭 警視庁殺人分析班のレビュー③不満だった点

特にここをこうした方がいいんじゃないだろうかと言うものはありませんでしたし、私はこれでも充分満足をしています。

犯人を捕まえるときにもう少し犯人が、みじめな抵抗をしても良かったのではと少し思いましたがこれはこれでよかったです。

全体的に面白い小説だったと思っていますし寝る前に確か読んだ記憶がありますが少しずつ読んでいこうかと言う気持ちで読み始めましたが最後まで一気に読んでしまいました。

警察小説として面白く、また続編が出れば買いたいと思う小説の一つです。2011年に新人だったのでもうあれから10年近く経っているので主人公もベテランに近い存在にはなりつつあると思います。

ベテランになった如月もどう描かれるのかも期待出来ます。他に改善してほしい点は特にないですしそれぞれのキャラクターの設定もうまくできていますし個性のあふれているキャラクターたちが多いので非常に見ていける小説になっているのではないかと思います、これからも小説でのこの人たちの活躍を見ていきたいと考えています。

またキャラクターなどをもう少し多く増やしてほしいと言う点は少しあります。やはり今までのキャラクターたちでも充分個性的な人たちが多いですが新作は新しいキャラクターを入れて行かなくてはいけないと思います。

まとめ

購入したきっかけ・理由や実際に使用した感想についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ぜひこちらの感想も踏まえて読んで見ることを検討して見て下さい!

▼以下のリンクからAmazon Kindleのページに飛びます▼
石の繭 警視庁殺人分析班