Amazonでコンビニ支払いができない場合はどんな方法があるの?【Amazonギフトがおすすめ】

この記事では、Amazonでコンビニ支払いができない場合の解決方法について解説しています。

Amazonでネットショッピングを利用するという人は多いのではないでしょうか。かくいう私ことそにあんもその一人で、Amazonの超ヘビーユーザーです。

Amazonは食品からファッションまで豊富な品ぞろえと、家にいながらショッピングできる楽しさと便利さで大人気のショッピングサイトです。

その中でも便利な支払方法であるコンビニ払い。Amazonではコンビニ支払いができないことがありますが、どういった場合にコンビニ支払いが選択できないのでしょうか。

また、コンビニ支払いができないときの支払い方法はどのようなものがあるのでしょうか?どうしてもクレジットカードを使いたくないときもありますよね。

そにあんそにあん

10年近くAmazonを使い倒して超ヘビーユーザーである私そにあんが解説していきます

Amazonは商品や配送方法によってコンビニ支払いが選べないことがある

Amazonは基本的には、コンビニ支払いを選択することができます。コンビニ支払いに係る手数料は無料なため、非常に便利かつお得に買い物することができるます。

しかし、商品によってはコンビニ支払いが選択できないことがあります。Amazon以外の第三者が出品者として販売している商品で該当するケースがあります。

支払い方法が出品元によって違う場合があります。クレジットカードや代金引換、銀行振り込み以外の支払いは対応できない出品者もいます。

出品元がコンビニ支払いの方法を受け付けていない場合は、コンビニ支払いを選択することができません。

また、配送方法によってはコンビニ支払いが対応できないことがあります。

お急ぎ便やAmazon定期おトク便など特殊な配送方法を利用する場合は、コンビニ支払いの選択はできません。

そにあんそにあん

また、Amazon prime会員の特典であるAmazonフレッシュでは、クレジットカードのみの対応となり、こちらもコンビニ払いを選ぶことができません

Amazonのサービスや金券などの購入もコンビニ支払いはできない

Amazonには、ショッピング以外にもprime会員向けの電子書籍やprimeビデオなどの動画サービスなど様々なサービスを提供しています。

Amazonの各種サービスについては以下の記事で詳細に解説しています。

【関連記事】
Amazonのおすすめサービス一覧34種類!マニアも使う超便利なお得サービスまとめ

そういった電子書籍や映画やアニメなどの動画の購入はコンビニ支払いをすることはできません。

また、AmazonギフトやAmazonコインなど、Amazonのみで使える金券や電子ギフトカードなどがあります。詳細は以下の記事をご参照下さい。

【関連記事】
Amazonギフト券のボックスタイプはプレゼントに最適!【Amazonで買える】

AndroidアプリはAmazonコインで課金しないと損!コインバックや割引でお得に課金する方法

そにあんそにあん

誕生日プレゼントや記念日などにこういったものをプレゼントする人は多いですが、Amazonギフトなどの金券を、サイト上で購入する際はコンビニ支払いを利用することはできません

その他高額商品や上限以上の購入金額、ほしいものリスト上にある商品もコンビニ支払い不可

Amazonでは、コンビニ支払いが可能な料金の上限が設定されています。

コンビニ支払いが対応できる金額は100万円までとなっており、この金額を超える買い物に関してはコンビニ支払いを選択することはできません。

また、時計やブランド物などの超高額商品なども対応していません。

そにあんそにあん

他にもほしいものリストという機能がありますが、そのリスト上に選択したものを購入する場合はコンビニ支払いを選択することはできず、Amazonギフトかクレジットのみの対応となっています

Amazonでコンビニ支払いが選べない場合のほかに便利な支払い方法

コンビニ支払いは、代金引換の手数料が高いがクレジットカード等は利用したくない・持っていないという人には大変お勧めの支払い方法です。

しかし、コンビニ支払いが対応していないのであれば、コンビニ支払いはできません。コンビニ支払いができないとき、代金引換や振り込み以外の方法はあるのでしょうか。

そにあんそにあん

コンビニ支払いができないときの他の便利な方法と、それぞれのメリットやデメリット、返金対応など詳しく見ていきましょう

支払い方法①Amazonギフト(カードタイプ)

Amazonギフトは、Amazonのみで使えるカードのことです。コンビニや大手電機家電量販店などの店頭で売っていることが多いです。

店頭で購入する場合、Amazonギフトはクレジットカードや電子マネーなどは使うことができず、現金のみでの購入となっています。

コンビニ支払いと支払い方法が酷似しているのでコンビニ払いが選択できない場合はもっとも便利な方法です。Amazonギフトは、3000円、5,000円、10,000円、20,000円と金額ごとに分けられています。

購入金額に最も近い金額のカードを、レジで支払って購入します。ただ、Amazonギフトは金額が決まっていて端数が出ているものがあれば全額使いきれないので、頻繁に使わない、めったに使わない、2万円以上の大きな買い物をする人にとっては不便というデメリットがあります。

そにあんそにあん

さらに購入から10年という長い期限がありますが、カードそのものに購入年月日の記載がないため、注意が必要です

支払い方法②Amazonギフト(シートタイプ)

知らない人も多い方法ですが、Amazonギフトには、カードタイプだけでなくシートタイプのものも存在します。よくコンビニのラックにかかってるカードみたいなものです。

ローソンのLOPPIやファミリーマートのFamiポートなどのマルチメディア端末からシートを印刷、印刷したシートを店頭にもっていってレジで支払って購入するものです。

シートタイプのものも、金額があらかじめ決められており、2,000円、3,000円、そして5,000円から25,000円までは5,000円ごとに金額が決まっています。

Amazonギフトカードに比べて金額が細かいのも特徴です。便利ではありますが、こちらは、バリアブルカードのような機能がないのとやはり上限金額以上の買い物には不便だという点がデメリットです。

そにあんそにあん

有効期限は、支払った日から10年間となります

支払い方法③バリアブルカード

Amazonギフトカードは、金額が決まっていて面倒くさい、不便であると思う人は少なくありません。

ですが、Amazonにはバリアブルカードという1円単位で指定した金額分を購入することができる便利なカードがあります。

購入金額ぴったりで買いたい、ポイントやギフトカードを使って支払いきれなかった端数分を支払いたいときなどにも非常に便利な方法です。

購入方法は、コンビニなどでレジでほしい金額分だけを言って、支払います。こちらも、購入年月日から10年間有効期限があります。

そにあんそにあん

購入した日の年月日の記載がないため、きちんと確認して使用する必要があります

まとめ:コンビニ支払いができないときはAmazonギフトが便利でお得

コンビニでの支払いができない場合は、プリペイド式のAmazonギフト券や1円単位の購入が可能なバリアブルカードが支払手数料がかからず便利でお得です。

そにあんそにあん

クレジットのみの指定やギフト券の購入以外であるならAmazonギフトを利用することをお勧めします