Amazon Audibleの返品 理由はどう説明すると良い?何でも良い?デメリットはあるのか?

あなたは“Amazon Audible”というサービスをご存知でしょうか。Amazon Audibleはいわゆる“本のサービス”。

有料ではありますが、月額料を払うことでワンコインが与えられ、お好みのオーディオ本を選ぶことができる仕組みです。

オーディオブックは購入する形になりますが、なんとタイトルの交換や返品ができるシステム。

“それって交換を繰り返せば無限大に楽しめるパターン?!”と考えた人もいるかもしれません。

今回はAmazon Audibleのサービスの中で、特に交換や返品に関する情報を集めました。

どんなケースで交換や返品ができるのか、何度でも可能なのか、繰り返すことで使用制限はかからないのか…みなさんの気になる部分を徹底調査してご紹介します!

Amazon Audibleの返品ってどういうこと?

そもそもAmazon Audibleは、月額1,500円の有料サービス。
金額だけに注目するとなかなかのお値段ですね…。

この料金内でできることは、“有料のオーディオ本からお好みの本を1冊チョイスできる”ということ。

加えて、“タイトルの交換や返品”が会員サービスとしてついているのです。

返品理由にルールはあるの?

交換や返品が会員特典といわれても、戸惑ってしまいますよね。

実際コインを使って入手した本を返品しようとすると、その理由を問われ選択肢から選ぶ画面になります。

何か不具合があって返品する場合は選択肢から選ぶことになりますが、特に理由がない場合は一番下の【その他】という項目を選びましょう。

その他を選択しても詳しい理由まで記載する必要がないため、画面を進めればそのまま返品が完了します。

なんだか正当な理由なしに返品するのは罪悪感がありますよね。

公式ページを確認すると、このような旨の記載があります。

Audible会員の皆様は、会員特典の1つとしてタイトルを購入後365日以内にご返品いただけます。
当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。

Amazon

つまり、公式の意向としてはあくまで購入後に何らかのトラブルが発生した場合ということです。

ただ理由に厳しい縛りはなく、内容がイメージと異なっていた、声が自分の好みとかけ離れていて全く頭に入ってこなかった、という理由でも認めてもらえるということです。

購入後は原則交換も返品もできませんが、満足のいく内容でなければ対応可能という認識でよさそうです。

“ブックの入れ替え可能!”ではなく“交換や返品可能”というニュアンスの表記である理由がわかりますね。

返品に回数制限はある?

返品の理由については前述の通り、ユーザーの良識の範囲内ということになります。

では、回数はいかがなものか。上限があるのかどうかですよね。

返品や交換の回数については、このように記載があります。

短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。会員の皆様には本特典の目的の主旨から外れて利用されているおそれがある場合は、Audibleからお問い合わせをさせていただく場合や、一定期間本特典のご利用の制限をさせていただく場合がございます。

Amazon Audible

やはり、毎回のように交換や返品をしていると、Amazonから探りが入ってしまうこともあるようです。

確かに回数無制限だと、もはやサブスクリプションの域になってしまいますものね。

大した理由もなく交換や返品を繰り返すと、利用制限の対象にもなるので注意してくださいね。

サンプルもうまく活用しよう!

Amazon Audibleのメリットの一つに、各オーディオ本のサンプルが無料で聴けるということがあります。比較的長めに聴けるのも嬉しい点。

やはり本や声のイメージは人それぞれなので、あれほどの月額料を支払って内容が合わなかった、というのは残念過ぎますよね。

例えば女性の声で読んでほしかった内容が、男性の声だったということはザラです。

サンプルが聴ければ、そのようなトラブルは事前に防げるので良いシステムだといえます。

まずはサンプルで試し聴きを行ったうえで購入する本をチョイスしましょう。

それでも合わないようであれば、交換や返品を検討するのもテですね。

Amazon Audibleでは再生速度も自由自在

数々の本を色々な人が読んでいるので、声だけでなく話す速度もそれぞれ異なります。

ただ、読む速さに関しては都度変更することができます。
再生の途中でも、スマホでもパソコンからでも調節は自由自在。

0.5倍速~3.5倍速で自由に選べますので、あなたにぴったりの速さで聴くことが可能です。

まとめ

Amazon Audibleの特典の一つが、“交換や返品が可能である”ということ。

しかし、これはあくまで正当な理由があった場合のみ。

何冊もの声を聴きたいから、などといった下心のある理由だと、繰り返し返品を行った際に利用制限の対象となることがあります。

サンプルで幅広く聴くことができますので、まずはそこでしっかりと確認しましょう。

その上で購入し、それでもイメージと違った場合には交換・返品するのもありかもしれませんね。

節度を持ってAmazon Audibleを楽しみましょう。